修理はどこに依頼すべき?修理店の種類とは!?

正規業者に依頼するメリットや知っておくと良いこと

iPhoneの修理をするのなら、正規業者に依頼する人も多いでしょう。何せiPhoneの製造会社が公認している業者ですから、安心して任せることができるのです。iPhoneを購入した時に保証をつけておけば、安い値段で直せたり、場合によっては無料ですむこともゼロではありません。
住んでいる地域にもよりますが、大手の家電量販店などの敷地内に正規業者が入っていることもあります。もしも場所がわからないのであれば、製造会社のコールセンターやお客様サポートに連絡をすると、近くの正規業者を教えてもらえます。ただし、多くの場合はいきなり壊れたiPhoneを持ち込んでも受け付けてはもらえません。必ず事前に予約の電話を入れておきましょう。

非正規業者の良い点と注意点

iPhoneの製造会社が公認していないところは、すべて非正規業者になります。良い点は画面のひび割れやバッテリー交換などの簡単な修理なら、飛び込みでも対応してもらえる上にその日のうちにiPhoneが戻ってきます。しかも安いところであれば数千円ほどで修理が可能なので、時間の節約と費用面での負担を減らすことができます。
しかし注意しておきたいことも多いのが実情です。まず、すべてではないのですが、純正部品を使用しない非正規業者がいます。いわゆる社外品と呼ばれるものは純正部品よりも安価なので、修理費が安くすみます。その反面、何かしらの不備が出る可能性もありますから、社外品を使用するなら十分に説明を受けて、納得した上で依頼しましょう。加えて知識や技術の差が大きいため、できれば実際に利用した人に直ったのか、対応は良かったのかを聞いておきたいです。

iphone6sの劣化したバッテリーを交換すれば、性能は再び向上します。ユーザーは2018年12月末日までを期限として、iphone6sのバッテリー 交換を3200円で行うことができます